2019年6月30日日曜日

あした天気になれ

SONY α6000 + 7Artisans 50mm F1.1
撮影地:神奈川 真鶴

こんな夕焼けだったら、あしたはお天気
なんだろうけど、窓の外はざんざん降り

来週も雨が続きそうですね
梅雨だからしかたないですね

まぁ、雨が続いても
ちゃんと仕事もするし、
キャベツばかり囓りませんよw

2019年6月29日土曜日

ユモレスクは汽車にゆられて

RICOH GR
撮影地:神奈川 横須賀線

シャッフルでPON! 
第二回目は
 
ドヴォルザークの
「ユモレスク」
 
 ユモレスク自体は
滑稽なとか気紛れなといった
曲想が特徴的な楽曲の事で
ドヴォルザークのユモレスクも
 8曲からなる小曲集です
 
中でも皆さんが知っているのは
7番目の曲でクライスラーが
ヴァイオリン用に編曲したものです
 
さて、ここで撮るに当たって
 ユーモラス的なのを
期待されてる気がしたので
目先を変えてみました
 
ドヴォルザークは鉄道好きで
7番の曲想も汽車に揺られながら
思いついたのと言われてるようで
最初のところのリズムも
汽車のガッタンゴットンというリズムを
表してるそうなので、主題を電車にして、
トーンをボヘミアをイメージする
ノスタルジックなイエローにしてみました
 

2019年6月28日金曜日

ロンドンの影を追って

SONY α7RⅢ + SUPER-CANOMATIC LENS R 50mm 1:1.8
撮影地:東京 日本橋

ロンドンの裏道を行くロンドンタクシー
というイメージで撮ってみましたが
やはりJAPAN TAXIは、JAPAN TAXIですね

影には、「よく似せて作ったもの」と
いう意味もあるんですよ

2019年6月27日木曜日

豚は偶蹄目…ではない

SONY α7RⅢ + SUPER-CANOMATIC LENS R 50mm 1:1.8
撮影地:東京 日本橋


蹄が偶数だから、豚は偶蹄目
と書きかけて
ぐぐってみたら鯨偶蹄目だった

今は偶蹄目は生物学的な分類には設立しない
偶蹄類と鯨類を合わせて鯨偶蹄目だそうな

ふーん

程度の驚きw

ちなみに鯨とカバは姉妹群だ
キュートだけど美人姉妹ではなさそうだw

2019年6月26日水曜日

ブレーキランプは赤い

SONY α6000 + OLYMPUS F.ZUIKO Auto-S 38mm 1:8
撮影地:東京 表参道

真っ赤なランプを煌々と光らせて
前にくっつく程に詰めて止まる
なんか、みんな怒ってるみたいに見える
怒っても一つも良い事なんてないのにね

2019年6月25日火曜日

参道

SONY α6000 + OLYMPUS F.ZUIKO Auto-S 38mm 1:8
撮影地:東京 表参道

表参道の裏にある参道

神様の通り道にも車だらけ
そんなに苦労して縦列駐車しても
神様は車に乗らないのにね

2019年6月24日月曜日

閉ざされた街

SONY α6000 + OLYMPUS F.ZUIKO Auto-S 38mm 1:8
撮影地:東京 表参道

ビルの谷間に突然現れた街
あまり人気が感じられない
閉ざされた街

そんなSFチックなタイトルを付けたくなる
住宅展示場
表参道にはまったく合わないw

2019年6月23日日曜日

そして再び、時は動き出す

SONY α7RⅢ + FE 24-105mm F4 G OSS
撮影地:東京 日比谷
 
10月13日に、再オープンするんですね
日比谷公会堂

こけら落とし公演は、Perfume

建て替えなので、この写真の方じゃないですよ
 
「LINE CUBE SHIBUYA」という
昨今ありがちなイケてない名前のビルですけどね
 
それより、表向きには
施設の老朽化及び耐震化の理由で
大規模改修工事で改修工事終了までの
長期休止になってる
こっちがその後、
どうなるのが気になりますね

2019年6月22日土曜日

圧縮と秩序

SONY α7RⅢ + SUPER-CANOMATIC LENS R 50mm 1:1.8
撮影地:東京 日本橋
 
ぎゅうぎゅうにただ詰めるのではなく
秩序をもって詰め込むべし
 
そして、あとは
それを構図に落とし込むのみ
 
 

詰め詰め

SONY α7RⅢ + SUPER-CANOMATIC LENS R 50mm 1:1.8
撮影地:東京 日本橋
 
気になるカタチを見つけたら
自分のテーマでもあるので
撮らないわけにはいかないでしょう
 
正しくはfoldingなんだろうけど
ぎゅ~と詰まった感があるので
ここは、compactにしてみました 

2019年6月21日金曜日

旅立ちの歌

SONY α7RⅢ + SUPER-CANOMATIC LENS R 50mm 1:1.8
撮影地:東京 日本橋
 
都内で閉店のご挨拶をよく見かけます
2020年になったら収まるんでしょうか?
さらに増えるのでしょうか?
 
 1つが終わりは、1つの始まりで
あって欲しいですね
 
さよならは別れの言葉じゃなくて
再び逢うまでの遠い約束
 
そんな曲もありましたね
 
 

2019年6月20日木曜日

夜更けのバス停留所

SONY α6000 + 7Artisans 50mm F1.1
撮影地:東京 新宿西口

東京は、夜遅くなっても
バスがあって良いですね

バス停にはドラマがありそうですよね
ノーマ・ジーンは歩いてこないけど

2019年6月19日水曜日

記録と記憶

SONY α7RⅢ + SUPER-CANOMATIC LENS R 50mm 1:1.8
撮影地:東京 日本橋
 
撮影データって残す派ですか?
残さない派ですか?
 
僕は後者

たとえ、残しておいたとしても
後で同じ所へ行って
同じ設定にして撮っても
同じ結果にはならないから
 
同じ所へ行ったら
違うことを試す方が
なにか起きるかもしれないから
楽しいじゃないですか
 

2019年6月18日火曜日

スクラムを組む

SONY α6000 + 7Artisans 50mm F1.1
撮影地:東京 新宿

まぁ、理想通りには事が運ばないことはよくある事
スクラムを組んでるようなものだろう

スクラムからは、すぐに次のプレーに向かって走り出す

そこで、押されてから走り出すのと、
押し込んでから走り出すのでは勢いも違う
負荷だって違う。

押している方は、
精神的にも肉体的にもダメージが少なく、
押されると当然その逆に

だから、行き詰まったら、
みんなのチカラを借りてでも
スクラムを押し込むのだ
 

2019年6月17日月曜日

時は飛ぶ

SONY α6000 + OLYMPUS F.ZUIKO Auto-S 38mm 1:8
撮影地:神奈川 湯河原海浜公園

足下の鳩が飛んだので
とっさに身体をひねって
振り返りざまに撮りました
 
レンズはMFだったけど絞りはf8くらいで
パンフォーカスにしてたのでノールックで
 
適当な割にはピンもぴったり、
ISOも100固定で、
絞りも絞ってたからSPも遅くなって
被写体がブレてくれたと思ったのに
真っ昼間だったからSPが1/1600で
ピタッと止まっちゃったので
PSで動きをマシマシw
 
「時は飛ぶ」はラテンの慣用句で
「時間が経つのは非常に速い」の意
 
「光陰矢のごとし」ですね
 
苦手な早く夏をすっ飛ばして、
冬になって欲しいなぁ 
 

2019年6月16日日曜日

海風吹き荒れる

SONY α6000 + OLYMPUS F.ZUIKO Auto-S 38mm 1:8
撮影地:神奈川 湯河原海浜公園

雨も朝には上がったので、梅雨の晴れ間にちょっと撮影
ただ風が強いので、帰りれなくなると困るので
富士川と根府川を超えるのはやめて、適当に撮影地を決定
と言うことで、湯河原へ
海側へ降りたけど、なにもないね
飯田商店の行列くらいだね、人いるのw

海浜公園までぶらりとして、駅へもどっただけ
なにしろ風が強すぎて、写り込み撮るのにも一苦労でした

2019年6月15日土曜日

トマソンの窓

SONY α6000 + 7Artisans 50mm F1.1
撮影地:東京 新宿
 
空を映り込ませるだけのために
存在しているのではと思わせる
トマソンな窓
 
超芸術ですね

2019年6月14日金曜日

終わりなき夜に生まれつく

SONY α6000 + 7Artisans 50mm F1.1
撮影地:東京 新宿

ご飯部も終わっても
まだまだ、夜の撮影は続くのです
飽くなき撮影への執念
みな、終わりなき夜に生まれついた者達

危ないねー、あと数秒遅かったら
最終間に合わなかったねー

東京の西側は鬼門w

2019年6月13日木曜日

特攻野郎Bチーム

SONY α6000 + 7Artisans 50mm F1.1
撮影地:東京 新宿ヒルトンホテル

おなかが空いてるからなによりご飯
とっ言ってたのに、外へ出たら
展示してた910の皆様は
まったく食いつかないだろうという被写体に
食いつきまくりのご一行

ゼミの教え、"一枚撮ったら振り向いてみる"と
振り向いてみると誰も来ていないのが延々続く

食欲<写欲なBチームの皆様でした
注:野郎は一人だけでしたw

2019年6月12日水曜日

検索ちゃん

SONY α6000 + 7Artisans 50mm F1.1
撮影地:東京 銀座

なにやらひたすら検索中
かなり離れたところから
シャッター切りつつ前進してたら
ここまで来ちゃったよ

後ろ、後ろ~w

2019年6月11日火曜日

箱ら

SONY α6000 + 7Artisans 50mm F1.1
撮影地:東京 新宿


隠喩も擬人化も
なにもなく、箱

ただ、ただ、箱

そんな日もあるさ

2019年6月10日月曜日

八方塞がり

SONY α7RⅢ + FE85 mm F1.8
撮影地:東京 銀座
 
明日、お客さんがくるので最後の確認
そこで、担当がポロっと
これ逆なんですけど

それ今言うか
それとこれも

いやいや、今言うそれ

なんとかしたけどさ
前もって言ってたじゃん
その時にちゃんとやっておいてよね
 
群れは無理だわ
狼にはw

2019年6月9日日曜日

まっすぐな人

SONY α7RⅢ + FE85 mm F1.8
撮影地:東京 銀座
 
これ、明日投稿しようと思ってたけど
見ちゃったんで、今日に変更
 
今日の気分と言ってましたが
 
いやいや
事、写真に関しては
24時間、365日
 常にまっすぐなんですよ 
あなたは

いつか王子様が

SONY α7RⅢ + FE85 mm F1.8
撮影地:東京 銀座
 
河東さんのNONETを拝見した後、
銀座セミナーが終わるのを待って
すずさんと合流するため
暫し、銀座界隈でスナップ 

松屋付近では、撮影会と出くわすかもと
なんとなく新富町方面へ行き
徐々に四丁目へ戻るコースで
 
大分撮り尽くした感がある
4丁目付近でもまた色々と
撮るものが見つかって
楽しい待ち時間でした

2019年6月8日土曜日

真夜中の狙撃手

SONY α6000 + 7Artisans 50mm F1.1
撮影地:東京 新宿

いすずジェミニのCMのようなタイトルだけど
格好いいからヨシとしよう

なにを撮ったかは、後ほどご本人から

手ぶれ補正なしのMFでも
結構いけるでしょ