2018年2月28日水曜日

引き継ぐもの

SONY α7RⅢ + Voigtländer NOKTON classic 35mm F1.4 MC
撮影地:東京 GINZA FIVE
なにこれ?

またか?
と云う声が聞こえてきそうですねぇ「失われた時を求めて」展へ行ったとき
階段で撮った、ブラインドを動かす装置ですね

なんか、「つなぐ」感じが良かった?ので

そんな感じで、今週末はまた
色々と繋がって行くのかなと

2018年2月27日火曜日

よくある日常の風景

SONY α7RⅢ + Voigtländer NOKTON classic 35mm F1.4 MC
撮影地:高円寺 中通り商店街

銀座には銀座の
渋谷には渋谷の
高円寺には高円寺の
それぞれの日常の風景がある

2018年2月26日月曜日

ケー・エフ・シー

SONY α7RⅢ + Voigtländer NOKTON classic 35mm F1.4 MC
撮影地:高円寺 高円寺駅
ちょっと、ダイナーみたいな雰囲気を演出
でも、入るなら、ケンタより富士蕎麦のがいいなぁw

2018年2月25日日曜日

時代に佇む

SONY α7RⅢ + Voigtländer NOKTON classic 35mm F1.4 MC
撮影地:高円寺 中通り商店街

珈琲時光の時は、左上に看板があったんだけどねぇ
丁度、陽子はこの辺りから、撮ってたかな、IXYで

2018年2月24日土曜日

緩やかな下り坂

SONY α7RⅢ + SAMYANG AF 35mm F2.8
撮影地:富士宮 静岡県富士山世界遺産センター
 
世界遺産センターの中は
緩やかな螺旋のスロープになっている
降りながら手すりの硝子を覗いたら
映り込んでたのでパチり

粒子感出て良い感じかな?

まぁ、相当怪しい人になっていたと思うけどw

2018年2月23日金曜日

差別化を図る

SONY α7RⅢ + SAMYANG AF 35mm F2.8
撮影地:富士宮 静岡県富士山世界遺産センター
 
世界遺産センターは、内部がらせん状になっていて
周囲に富士山登頂までのタイムラプス映像が流れてます

売りは海がある富士山だそうで
明らかに山梨側にはないけど、うちにはあるぞと云う
実にいけ好かない感を醸し出していますw

2018年2月22日木曜日

名脇役

SONY α7RⅢ + SAMYANG AF 35mm F2.8
撮影地:富士宮 静岡県富士山世界遺産センター

お父さんたちを引き立てるために
今回は富士山に脇に回って貰いましょう

富士山世界遺産センターは、今日で10万人だそうです
開設から1年で10万人、凄そうですねぇ

でも、その後のニュースで
明日から行われる、東田子の浦の
毘沙門さんのだるま市は
3日で20万人の予想ですってw

2018年2月21日水曜日

しぞ~かの顔

SONY α7RⅢ + SAMYANG AF 35mm F2.8
撮影地:富士宮 富士山本宮浅間大社

世界遺産センターからちょっと行くと
富士山本宮浅間大社があります
(こっちの方が観光バスが多かったw)

着いて早々に顔出し看板を発見
でも、今日はスペシャリストのすずさんがいないので
モデルをどうしよう?と思ったんですが
静岡の顔といえる方がいたので、入って貰いました

2018年2月20日火曜日

見返り美人

SONY α7RⅢ + SAMYANG AF 35mm F2.8
撮影地:富士宮 静岡県富士山世界遺産センター

すずゼミの教えに
「撮ったら振り向いてみろ!」
があるので、振り向いたら美人がいました

2018年2月19日月曜日

借景

SONY α7RⅢ + SAMYANG AF 35mm F2.8
撮影地:富士宮 静岡県富士山世界遺産センター
 
困ったときには、とりあえず、富士山w

2018年2月18日日曜日

世界遺産と云う名の日常

SONY α7RⅢ + SAMYANG AF 35mm F2.8
撮影地:富士宮 静岡県富士山世界遺産センター

まぁ、世界遺産といっても、毎朝見てるので…
でも、まだ新しいので、ちょっとすずゼミ静岡支部としても
放ってはおけないので、偵察に行ってきました

追々、写真は出していきますが、殆ど富士山ですw

しかし、これどこから予算を捻りだしたんでしょうねぇ
名前に静岡と付いているのは、山梨にもあるからです
山梨もどうやって予算を捻り出したんでしょうねぇ

しかも、後から作るから、周り住宅地ですよw

なので、映り込みもこうなってしまいます

とにかく、富士山はギャンブルです
ここの水面もちょっとでも風が吹いたらアウトです
でも、雪がある冬に風が吹かない日はないですよ

しかも、この日は昼までは、まったく雲は無かったけど
13時の時点で、ちょっと出てます、
そして、14時にはもう半分は雲に隠れましたし
なので、もう後は運です、運次第です

取り残された時間

SONY  DSC-RX100M5 
撮影地:小田原 江之浦測候所

SONY  DSC-RX100M5 
撮影地:小田原 江之浦測候所

SONY  DSC-RX100M5 
撮影地:小田原 江之浦測候所

SONY  DSC-RX100M5 
撮影地:小田原 江之浦測候所

SONY  DSC-RX100M5 
撮影地:小田原 江之浦測候所

SONY  DSC-RX100M5 
撮影地:小田原 江之浦測候所

SONY  DSC-RX100M5 
撮影地:小田原 江之浦測候所

茶室の沓掛石の中に
取り残された時間を見つけた

2018年2月17日土曜日

ここに地終わり海始まる

SONY  DSC-RX100M5 
撮影地:小田原 江之浦測候所

タイトルはユーラシアの最西端
ポルトガルのロカ岬の碑から
(ミスターが間違ったところじゃなくw)

しかし、ネットに上げると、
さらにアンダーになってやたら暗くなるねぇ

2018年2月16日金曜日

日出る鳥居

SONY  DSC-RX100M5 
撮影地:小田原 江之浦測候所
   
この石鳥居は、春分と秋分の日の出
100mギャラリーは夏至の日の出
石舞台は春分、秋分の日の出
隧道は冬至の日の出
の軸線の合わせて作られている

聡明な方は、既にピン!と来たと思いますが
日の出しか、ここへ太陽が来ない
なので、webの載っているように
ここへ太陽を入れては撮れないって事なんです
なんせ、オープンが10時なので

じゃ、日が落ちる季節を選んで
っと言っても、日が昇る方へは
どう転んでも日は落ちないw

さて、夕陽時はどんな絵が撮れるんでしょうね
3月に入れば15:30の回が始まるので
また、偵察に行きましょうかね

2018年2月15日木曜日

インスタ映えしてますか?

SONY  DSC-RX100M5 
撮影地:小田原 江之浦測候所
 
インスタ映えしてますか?

どんよりとした曇り空の海ですけど

2018年2月14日水曜日

吹きすさぶ

SONY  DSC-RX100M5 
撮影地:小田原 江之浦測候所
 
冬の海に面した山の中腹
 
それはそれは、寒うございましたw

暗いトーンですみません
これでも、11時前ですw

2018年2月13日火曜日

止め石コレクション

SONY  DSC-RX100M5 
撮影地:小田原 江之浦測候所

SONY  DSC-RX100M5 
撮影地:小田原 江之浦測候所

SONY  DSC-RX100M5 
撮影地:小田原 江之浦測候所

SONY  DSC-RX100M5 
撮影地:小田原 江之浦測候所

SONY  DSC-RX100M5 
撮影地:小田原 江之浦測候所

SONY  DSC-RX100M5 
撮影地:小田原 江之浦測候所

SONY  DSC-RX100M5 
撮影地:小田原 江之浦測候所

SONY  DSC-RX100M5 
撮影地:小田原 江之浦測候所

SONY  DSC-RX100M5 
撮影地:小田原 江之浦測候所

SONY  DSC-RX100M5 
撮影地:小田原 江之浦測候所

それでは、今日の止め石コレクション

BGMも付けておきますね

2018年2月12日月曜日

鵜呑み

SONY α7RⅢ + Voigtlander NOKTON classic 35mm F1.4 MC
撮影地:中央区銀座


鵜呑みとは、鵜が魚を丸のみすることから
① 食物をかまずに丸のみにすること。
② 他人の考えや案を十分理解・批判せずに受け入れること。

と大辞林に出ている

一方的なネットニュースとか見て
丸々、鵜呑みにしちゃうんでしょうね
色々、見てると、違う側面の意見も出てるのにねぇ

まぁ、本人はいいですかね、楽しそうなので
なにが楽しいのか分からんけどw

不遜なのは見えてないけど、
一緒に自撮りさせれてるワンちゃんですよ

2018年2月11日日曜日

歩くな!

SONY α7RⅢ + Voigtlander NOKTON classic 35mm F1.4 MC
撮影地:銀座 コリドー通り


横濱へ行く前に、
Four Fragments 第一回グループ展「失われた時を求めて」へお邪魔した後
横濱へ向かうために、東海道線へ乗るために、撮りながら新橋へ

今日は、ちゃんと、電池持ったからねw

やはり、自分の世界観を作品にして、出せるって良いよねぇ

2018年2月10日土曜日

戦闘

SONY  DSC-RX100M5
撮影地:小田原 江之浦測候所
 
勇者の攻撃!
勇者は「連射」を唱えた!
カシャカシャカシャ!

はぐれ止め石は、ヒラリと身をかわした

はじれ止め石の攻撃!

勇者は、これより前へ進めない

勇者の反撃!

カードに書き込み中のため、操作出来ません!

αあるある(笑)

対峙

SONY  DSC-RX100M5
撮影地:小田原 江之浦測候所
 
また、一人の勇者が
止め石と遭遇したようだ
 
先に動くのは、どっちだ?

2018年2月9日金曜日

光井戸

SONY  DSC-RX100M5
撮影地:小田原 江之浦測候所
 
冬至光遙拝隧道の中程にある
採光のの為の井戸

室町時代のものらしい

雨が降ると、天井の採光のガラスに降る
雨粒が撮れそう

暗闇の中の一筋の光だと
天命反転地の地勢の方がインパクトはあるかなぁ

あ~っ、突っ込まれる前に書いておくと
井戸の中は、光学硝子の破片が入っているので
貞子は出てきませんw

2018年2月8日木曜日

舞台袖の景色

SONY  DSC-RX100M5
撮影地:小田原 江之浦測候所

光学ガラス舞台越しに見る相模湾
長秒露光で撮りたい感があるが三脚禁止

イマイチ、ガラス感が足りないなぁ
天気なのか、腕なのか、両方?w

2018年2月7日水曜日

見立て

SONY  DSC-RX100M5
撮影地:横濱 谷戸坂


被写体を見たままでなく、何かに見立てて撮ったりします
このとんがりハウスは、タイタニック時代の客船に
見立てて撮ってます
云われてみると、だんだん、そう見えてきたでしょw

2018年2月6日火曜日

袈裟切り

SONY  DSC-RX100M5
撮影地:横濱 谷戸坂

どうやら、ガイシャは、ホシに肩口からバッサリと
殺られたようですね、右京さん(誰だよ…w)

早めにと1週間前に提出した書類を
やっと見てくれたと思ったら、
それダメと
肩口からバッサリと殺やられましたw

しかし、たった4文字が
なんでこんなに長くなるんだろ、英語ってw

2018年2月5日月曜日

短3度下がった世界

SONY  DSC-RX100M5
撮影地:横濱 百段公園


お誕生日のコメント、メッセージありがとうございます!
今年もゆるゆるとやって行きたいと思います
気がついたらその辺で変な物を撮ってると思いますので
静かに見守ってやって下さいw


2018年2月4日日曜日

開かれた場所

SONY  DSC-RX100M5
撮影地:小田原 江之浦測候所

動画を撮ったところは、丁度この人が立ってるところ
隧道内から撮ると、絵になるんですが
出口の所の天井が斜めなので
それに惑わされると、水平が失われると云うトラップw

しばらくおかしいなぁ?と悩んでから
気がつきましたw

yellow

SONY  DSC-RX100M5
撮影地:横濱 石川町

まねして見るも、なにかがおかしいw

2018年2月3日土曜日

節分

SONY  DSC-RX100M5
撮影地:横濱元町 宮崎生花店

今日は節分ですね
冬終わるんですかね?
冬好きなんですけどね

豆は、もう充分ですw

2018年2月2日金曜日

前に進もう

SONY  DSC-RX100M5
撮影地:小田原 江之浦測候所

ええっ!
もちろん、止め石の所まで進みましたよ

見晴らし最高!

2018年2月1日木曜日

止め石

SONY  DSC-RX100M5
撮影地:小田原 江之浦測候所

「なんと 止め石が おきあがり なかまに なりたそうに こちらをみている!」

「なかまにしますか?」

「はい」

「止め石は うれしそうに 馬車にかけこんだ!」 

(笑)